{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様
{@ member.active_points @}pt
×
Internet Explorerで
閲覧されている方へ

Internet Explorerに深刻なセキュリティ脆弱性が報告されているため、コルティーナでは動作環境対象外とさせていただきます。
安全にインターネットをご利用いただくために、Google Chromeの最新版をご利用ください。

Google Chromeを無料ダウンロード

デンマークのポスターブランド、ATELIER CPH

当店で新しく取り扱うことになったブランド、ATELIER CPH(アトリエ・シーピーエイチ)。デンマークのコペンハーゲンを拠点とするクリエイティブスタジオです。二人の女性により、2012年に設立されました。ミニマルなデザインで作る圧巻の世界観は、ひと目で心を掴まれるものばかり。シンプルだからこそ細部にまでこだわり、妥協のないものづくりを貫く、彼女たちの姿勢に迫りました。ブランドのこと、そして作品のこと、たっぷりの内容となっております。ぜひ最後までお付き合いください◎

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

ATELIER CPH

2012年、デンマークのコペンハーゲンで設立されたATELIER CPH。トレンドフォーキャスターであるデンマーク人のSara Ingemannとクリエイティブディレクター兼グラフィックデザイナーであるオランダ人のMandy Rep、女性2人が中心となるブランドです。新しいものを創造的に、そして実験的に生み出す場である「アトリエ」は、彼女たちのブランドに対する姿勢そのもの。そして彼女たちが拠点にしているコペンハーゲンの略称「CPH」。これらを組み合わせたのがATELIER CPHの由来です。

新しいコレクションを作るときは、本を調べ、インターネットを検索し、そして美術館や興味のある建築を実際に訪れインスピレーションを膨らませます。そして製作にあたるのですが、パソコンでの作業ももちろん大切ですが、あらゆる手法でペイントを試み、新しい紙質を見つけ、それらの素材の連携をテストすることを何より大切にしています。こうした実験的に積み上げられる芸術の先に、彼女たちの作る世界が広がり、新しい感動を世界に届けているのですね。

デザインするときに心がけていることは、落ち着きとバランスに重点を置き、ノイズの少ないシンプルな作品製作。配色にもこだわりがあり、トレンドを意識したカラーではなくニュートラルなアースカラーを基調としていて、それには北欧のパレットはピッタリ。デンマークの素晴らしい文化にも影響されていて、何かに置き換えられることのない、時代を超越した長持ちするデザインであることを大切にしています。


彼女たちが影響を受けているのは、ピカソ、フェルナン・レジェ、ジャン・アルプ、アグネス・マーティンなど、建築家や芸術家。そして、抽象的な形、幾何学的な形、日本のシンプルさからもインスピレーションを得ているそう。日本にも影響を受けていると聞いて、なんだか嬉しくなりますね。

お部屋を特別な空間にしてくれるアートポスター

ここからは彼女たちの作品にフォーカスし、ご紹介していきます。まずひとつめ、「The art of fabric no. 03」です。黒いキャンバスに白のペンキで大胆に筆を走らせたようなデザイン。濃淡によりキャンバスの凸凹がテクスチャーとして現れ、作品全体の表情を作っているアート作品。シンプルですが動きがあるデザインです。

サイズはA3と小さめですので、玄関や廊下などの小さなスペースにもおすすめです。棚に立てかけるように飾っても素敵ですよ。

≫The art of fabric no. 03はこちらから



続いてご紹介するのは、「Circles」シリーズ4種です。丸いモチーフが不揃いに配置されたデザインで、4つのポスターそれぞれでデザインが異なります。カラーは黒地のものと白地のものがあります。

ひとつだけで飾るのも素敵ですが、組み合わせて飾るのもおすすめです。色で揃えても、違う色で並べても、モチーフが延長されているようなデザインとなり、サークルは連結されていきます。
ユニークな魅力で、お部屋をモダンに彩ってくれそう。サイズは50×70cmで存在感があります。

≫Circlesはこちらから



次にご紹介するのは「Realism」という作品です。ホワイト、ベージュの2種類がありますが、色違いではなく、デザインそのものが異なります。様々な形の紙を重ね、貼り合わせたようなデザインのこちらのポスター。私達が世界的なウイルスの蔓延により経験した激動と、混沌とした時間を抽象的に表現したものだそう。

いまだかつて誰も経験したことのない、不安に覆われた世の中にはうんざりすることも多いですが、日常の幸せや当たり前の変化、気付きなど、コロナによる成長もあるはず。コロナの時代も落ち着いた頃、このポスターを見つめて思い出すことがあるといいですよね。ホワイトとベージュ、2枚横並びにして飾るのもおすすめです。

≫Realismはこちらから



こちらは「Abstract」シリーズです。マルチとグレーがあり、こちらも色違いというわけではなく、デザイン自体も異なります。「抽象的」を意味するデザインで、ATELIER CPHの真骨頂とも言えるシリーズです。

こちらの作品では、キュビスムや抽象的な彫刻など、様々なスタイルを探求しています。人の顔が描かれているのですが、色や濃淡の重なりがアーティスティックで、美術館のような空間を作ってくれそう。

≫Abstractはこちらから



最後にご紹介するのは、「Deconstructed」シリーズの2つのポスターです。こちらは着色した紙を切り、そして重ね合わせた作品で、バウハウス資料館の建築のスケッチから着想を得ています。

垂直線と水平線が交わる場所を作り、キュビズムや幾何学的な形状のアセンブリを作成しました。色の濃淡や、画角の中に収まるモチーフのバランスが美しい作品です。 1枚で飾るのも素敵ですが、2枚横並びにするのもおすすめです。

≫Deconstructedはこちらから



ATELIER CPHの世界をたっぷりとご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか。シンプルだからこその細部へのこだわり、テーマの追求、研ぎ澄まされた表現。彼女たちのインスピレーションは今後も広がり続けるので、当店もセレクトの幅を広げる予定です。楽しみにしていただけると嬉しいです。