{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様
{@ member.active_points @}pt
×
Internet Explorerで
閲覧されている方へ

Internet Explorerに深刻なセキュリティ脆弱性が報告されているため、コルティーナでは動作環境対象外とさせていただきます。
安全にインターネットをご利用いただくために、Google Chromeの最新版をご利用ください。

Google Chromeを無料ダウンロード

はぎれで作る、シューキーパー

余ったはぎれや、少ない生地分量で作れる 簡単ハンドメイドレシピ。
今回は、実際にスタッフが愛用している「シューキーパー」の作り方をご紹介します。
ブーツを長持ちさせるだけでなく、ちらりと顔をのぞかせるシューキーパーが、玄関先をお洒落な雰囲気に…♪
直線縫いだけで出来る、お手軽レシピですよ☆

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

材料

・生地(幅110cm×長さ14cm を2セット)
・中綿
・リボン

1.裁断した生地を2つ折りにして、両サイドを縫う

裁断した生地を中表に2つ折りして、両サイドを縫い代1cmで縫います。

2.空き口を2つ折りにする

空き口を2cm、2cmの2つ折りにします。


表にひっくり返します。

3.2つ折り部分をぐるりと縫う

2つ折り部分をぐるりと縫います。
この時、写真のように、表地にひっくり返してから縫うほうが縫いやすくなりますよ♪

4.中綿を詰める

中綿を詰めていきます。
柔らかすぎると、クッシュッとしたブーツが立たなくなるので、ちょっと固めに詰めるほうが◎。
実際にお手持ちのブーツに入れてみて、確認するといいですね☆

5.リボンを結ぶ

空き口をリボンで結びます。
リボンのカラーや太さなどを楽しむことで、イメージもまたガラリと変わってきます。
いろいろな組み合わせを試してみてくださいね♪

6.出来上がり♪

あっというまに出来上がりました^^
リボンを結ぶ前に、ポプリや、10円玉を入れて消臭効果を高めてもOK♪
少しの生地分量でできるので、おすすめです。

余ったはぎれがあれば、ぜひ活用してください!
10cm切り売り生地からお買い求めの際は、ご注文数は3(長さ30cm)でちょうどいい分量ですよ。



▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼