{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様
{@ member.active_points @}pt
×
Internet Explorerで
閲覧されている方へ

Internet Explorerに深刻なセキュリティ脆弱性が報告されているため、コルティーナでは動作環境対象外とさせていただきます。
安全にインターネットをご利用いただくために、Google Chromeの最新版をご利用ください。

Google Chromeを無料ダウンロード

和食器、平安楽堂の窯元を訪問


先日より新たに取扱いを開始した清水焼の平安楽堂。出会いはプライベートで訪れたイベントでした。たくさんの作家さんが出店されていたのですが、一際素敵な和食器がずらりと並んでいて、思わずブースに吸い寄せられました。和食器ならではの落ち着いた佇まいの中に、モダンでどこか洋食器にも通ずるような魅力が詰まっている器たち。どんなふうにして作られているのか気になって、窯元までお邪魔してきました。 作業場の様子や器たち、そしてお一人で作られている松岡さんの人柄もご紹介したいと思います。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

平安楽堂の作業場


器はどれも美しくとても丁寧な仕上がりなので、てっきり機械のようなものを使って均一にできあがっているんだ、と思っていたら大間違い!全ての器が手作業により生み出され、形を整えられていたのです。お一人でされているというのも驚きました。
こちらがその作業場の一角。作業しやすいように道具が置かれていたり、長年使っている味が出ていたり、まさに職人さんの作業場という雰囲気です。

丁寧な手仕事


こちらはコーヒーカップの高台を削って作っているところ。土台こそ電動で回っていますが、削るのはフリーハンド。驚くほどまっすぐに削られ、高台ができていく時間はあっという間でした。

模様を描く


模様を描くのもフリーハンド。以前はガイドラインをしっかり引いていたそうですが、今では必要ないそう。簡単そうに見えて、とても気の張る作業です。

使い込まれた道具たち


器作りに欠かせない道具たちは、たっぷりと使い込まれて味が出ています。この1本1本もかっこいいですよね。

器を焼き上げる窯


成形や模様入れなどが終わるとこちらの窯で焼き上げます。
せっかくきれいにできても、この窯入れでうまくいかないこともあるそうです。土の成分など、自然のものなので、計算し尽くせないそう。ひとつひとつ丁寧に作っているのに、ここでうまくいかないこともあるだなんて、、なんだかその大変さに衝撃を受けました。

たくさんの工程を経て完成


左からコーヒーカップの製作工程順に並んでいます。1番右が出来上がったコーヒーカップです。ここに至るまではたくさんの工程を経ていて、なんだか感慨深い一枚だなぁと、撮影しながら考えていました。なんとなく使っているカップには、職人さんの思いが詰まっていて、時間もかけられていて、改めてものを大切にしなければ、という気持ちになりました。

作業場中にたくさんの器がずらり!


作業場を見渡すと、所狭しとたくさんの器がずらりと並べられていました。お一人で作られているとは思えない量でしたが、それでもまだまだオーダーに追いつかないそう。さすが人気作家さん!当店の取扱いはほんの一部ですが、かわいいものばかりですので、これからどんどん増やしていけたらな、と思っています。

釉薬:飴釉と黄瀬戸


器の印象を大きく左右するもののひとつ、釉薬。器に色を付けるものです。思わず目を奪われる美しい色合いは、平安楽堂の魅力のひとつでもあります。こだわりの釉薬についてもお伺いしてきました。
こちらのブラウンが飴釉、奥に見える黄色が黄瀬戸です。これらは鉄を着色剤に利用した「鉄釉」という種類の釉薬を使っています。鉄の含有量によって色合いが異なり、黄瀬戸は1~2%と少量、飴釉は10%以上の含有率で、他にマンガンも加えて発色させています。
どちらも焼成時に釉薬のガラス質が溶け、濃淡が出る仕組みとなっています。

釉薬:トルコ青とコバルトブルー


左がトルコ青、右がコバルトブルーです。これらの釉薬の基礎となる調合は同じですが、発色に用いる原料がトルコ青は酸化銅、コバルトブルーは酸化コバルトと異なるため、同じツヤ、質感が出るよう微調整をしているそう。リチウムを使うことにより釉薬の溶けを促進し、独特の美しいツヤが出ています。コバルトブルーの正式名称は瑠璃釉と言うそうですよ。
ハッとするような美しい色合いに、思わず目を奪われますね。

平安楽堂、松岡賢司さん


松岡さんはの窯元は、ひいおじいさんの代に作られたそうです。松岡さんは20歳の頃から始められ、今年で13年目。ご自分でネット販売もされ、イベントにも精力的に出店され、そして私たちのようなお店に卸もされています。それをお一人で全てこなされているため、毎日たくさん器を作っても追いつかないこともあるそうです。
イベントで初めてお会いした時も、今回お伺いした際も、とても気さくにお話ししてくださる松岡さん。器に対する思いももちろん強く、松岡さんが納得のいったもののみ納品していただき、基準に満たないものは作り直しも惜しみません。器のデザインや釉薬、使っている土についてまでも、詳しくご説明してくださいます。素晴らしい器ができるのは、この松岡さんの人柄あってのことなんだと強く感じました。 お忙しいのにたっぷりと時間をとっていただき、ありがとうございました。

おまけ…♪


トイプードルのココアちゃんも出迎えてくれましたよ!人懐っこい性格で、全力で駆け寄ってきてくれます。かわいくてかわいくて、思わずたくさん写真を撮ってしまいました♪

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼