iittala イッタラ
iittala イッタラ

1881年にイッタラ村のガラス工房として創業、1987年にイッタラと老舗ガラスメーカーのヌータヤルヴィが合併し、後に現在のフィンランドを代表するイッタラとなりました。
創業から現在にいたるまで、Alver Aalto(アルヴァ・アアルト)とその妻であるAino Aalto(アイノ・アアルト)を始め、Oiva Toikka(オイバ・トイッカ)、Kaj Franck(カイ・フランク)、など、国内外問わず著名なデザイナーと共に多くの作品を生み出し、人々を魅了しています。創業以来から「特別の輝きを持ったガラス」として美と伝統を継承するメーカーとして、高品質な製品を作り続けています。